×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ポケットモンスター ダイヤモンド&パール シンジ登場回セレクション

sinji.png
ポケモンDPより、シリーズを通して主人公サトシとぶつかるその対称的なスタンスから
ライバルキャラクター最高傑作と名高い「シンジ」の登場回リストを作成しました。

(第2話「ピカチュウをさがせ! 202番道路!」)
第3話「ライバルバトル! 三対三!!」
第6話「迷いの森!シンジふたたび!!」
第15話「クロガネジム! ヒョウタVSシンジ!!」
第16話「ズガイドスVSピカチュウ!」
第40話「チャンピオン・シロナ登場!」
(第46話「迷路でシャッフル! みんなでハッスル!!」)
第50話「全員参加! タッグバトル!!」
第51話「ヒコザルVSザングース! 運命のバトル!!」
第52話「タッグバトル! ファイナル!!」
第53話「ヒコザルの涙!」
第64話「グライオンとグライガー! 風の迷路をぬけて!!」
第66話「ルカリオ! 怒りのはどうだん!!」
第69話「ステキファッション! その名はギンガ団!!」
(第74話「ピカチュウ! ライチュウ! 進化への道!!」)
(第77話「みんなライバル! ミクリカップ!!」)
(第78話「激闘! それぞれのバトル!!」)
第81話「灼熱のヒコザル!」
第100話「ナエトル、ハヤシガメ… そしてドダイトス!」
第118話「ポケリンガ! 天空大決戦!!」
(第127話「キッサキジム! 氷のバトル!!」)
第128話「バトルピラミッド! シンジVSジンダイ!!」
第131話「フルバトル! シンジVSサトシ!! -前編-」
第132話「フルバトル! シンジVSサトシ!! -後編-」
(第155話「ダブルバトル! マンムーとヒノアラシ!!」)
第163話「爆進化! ゴウカザル!!」
(第182話「熱戦前夜! サトシのポケモン大集合!!」)
(第183話「開幕! シンオウリーグ・スズラン大会!!」)
第184話「シンオウリーグ三回戦! シンジVSジュン!!」
(第185話「恐怖のトリックルーム! サトシ対コウヘイ!!」)
第186話「ライバル決戦! サトシ対シンジ!!」
第187話「激闘フルバトル! サトシ対シンジ!!」
第188話「決着ライバルバトル! サトシ対シンジ!!」
(第189話「シンオウリーグ準決勝! ダークライ登場!!」)

『ポケットモンスター』シリーズも見放題のamazonプライム登録はこちらから
amazonprime.png


スポンサーサイト

×セブンイレブンのマルチコピー 小冊子プリント利用レビュー

さて、また原稿がギリギリで完成したわけですが(もう慣れっこ)
C83ではセブンイレブンのマルチコピー 小冊子プリントを利用して製本しました。
今回はその利用レビューです。

ウルフルンDX
あきらめない! 負けない! の精神

これがイベント当日のお話だから恐ろしい……。

サンクリの時も似たような状況だったのですが今回はビッグイベント、コミケです。
普通の印刷所は同じような輩で混雑していることが予想されたので、ナシ。
それに外は暗いし、寒いし、雨だし。
そこで思い出したのがセブンイレブンの小冊子プリント(これ⇒ http://multicopy-sp.com/booklet/index.html)でした。
どう考えても同人誌印刷用だろうこれ……

大体はリンク先を読めば書いてあるのですが、多少補足すると、
印刷したい本文データをPDFファイルで連番にして持っていくだけで、
自動的に折れば小冊子になるよう面付けして印刷してくれるというスグレモノです。


今回はB5本を作りたかったのでB4サイズで本文を小冊子プリントし、
カラーコピーで表紙と裏表紙を用意すると、後はググった方法で
段ボール紙の上で一冊一冊ホチキス止めしていけばコピー本の製本完了です。

製本完了
製本完了


以下製本用本文データの作り方です

~①PDFファイルの用意~
まずは印刷データを用意する必要があります。私はPhotoshopで作成しました。
CLIP STUDIOで作成した漫画のデータを画像ファイルで全て書き出し、Photoshopを開きます。

メニューバー「ファイル」⇒「自動処理」⇒「PDF スライドショー」ウィンドウを開いて、
「参照」ボタンで順番にページを追加していき、追加し終わったら
保存形式が「複数ページドキュメント」にチェックが入っていることを確認し、保存。

pdfMaking.jpg
参考画像

これでPhotoshopによるPDF作成作業は終了です。
USBにデータをブチ込み、セブンイレブンへ直行!


~②セブンイレブンにて~
本文ページが白黒印刷で一枚10円、表紙のカラーページがカラー印刷で一枚50円です。
支払いを10円玉や100円玉で済ませるのは修行以外の何物でもないので、おとなしくnanacoを購入。
レジカウンターで購入した電子マネーを利用出来るので便利です。

印刷用データの入ったUSBをコピー機にセットし、
[文書プリント]>[小冊子プリント]
と進み、印刷用のデータを選択し、サイズ等の詳細を設定すると小冊子プリントが開始します。

ここで良サービスだと思っていた小冊子プリントの弱点が発見されました。
両面印刷中、しょっちゅう紙がつまる。

紙がつまるたび店員さんを呼ばなくてはいけないので、同人誌の中身をガン見されます。
大体60枚毎に1回くらいの割合で紙詰まりが起きたように思います。
なので何度も(同じ)店員さんを呼ぶので恥ずかしさMAXでした。

「プリキュア!?」Σ(゚Д゚;)

という羞恥心に耐えきれる清き心があるならば、とてもいいしすてむだとおもいi||(:D)rz|||

おしまい

×秋葉原制作所さんに行ってきました

2012年12月28日 サンシャインクリエイション57当日――
夜中の1時ごろに印刷用のデータが仕上がって、さて製本しに行こうという時。

ギ リ ギ リ で 終 電 に 間 に 合 い ま せ ん で し た 。

……と、いうわけでタクシーで向かいました。秋葉原制作所さんへ。

一晩で5ケタの日本円を消費しました。

気分はブラックジャック
「私はあんたをどうしても印刷しなきゃならん!!」

……というわけでクリエーターズカフェ『秋葉原制作所』さんの利用レビューです。
暗いよー狭いよー怖いよー
夜の秋葉原 警官がうろうろしてました

そんなこんなで秋葉原制作所さんに到着したのが1:30くらいですね。

秋葉原制作所さんのことを簡単に説明しますと……

ここで机や道具やPCを借りて漫画を制作したり、そのままここで印刷して製本したり出来ちゃうというスンバらしいカフェです。

普段は11:00~23:00の営業ですが金・土・祝前日やコミケ直前などは24時間営業していらっしゃるようで。


電話であらかじめ伺ったところPC席は現在11台あるとのこと。
当日はPC席については全て埋まっていたのですが……
アナログ作業場と合わせて全部で20ほどの机があったように思います。

今回開き机は3つほど、自分がいる間にも3,4人ほどのグループが抜けて行ったりしたので
7,8割ほど埋まっているという状況でしたでしょうか。

まあ、サンクリ前にいっぱいいっぱいということはなさそうです。
コミケ前は外で待ちができるほど混んじゃうというお話でしたけどね。


そんなこんなで利用してみてのレビューです。

制作所さんに着いた時点ですでに精も根も尽き果てていたのでその場で加筆などはしませんでした。
とりあえず作っていった印刷用データでテスト印刷。

自動中綴じ製本印刷機
http://gigazine.net/news/20120924-bizhub-c754-copy-book/

こんな感じの印刷機が用意されていました。
中で製本までされて出てくる様には感動しました。


テスト印刷で下書きレイヤーが印刷に出ちゃってたりしたので、
念のためもってきていたノートPCで編集、再度製本しました。

余談ですがこの時のテスト印刷で刷った表紙をミニ看板に再利用しました。

反省してまーす
鳥よけにも使えそうだ……


秋葉原制作所さんのPCに用意されているソフトはPhotoshop CS4、Comicstudio(4.0?)で
私はCLIPSTUDIO PAINT PROというソフトを使っていたので念のためノートPCを持ちこんで正解でした。

CLIPSTUDIOの導入については様子見中とのことです。
まあ漫画制作機能についてはまだまだコミスタの方が上みたいですからね。


中の様子ですが、深夜だったせいもあるのか、シン……とした空気の中でみなさんペンを走らせていたので
なんとも神経質な感じでした。

中には「プロかっ!?」ってくらい上手い人もいたりして、でもあまりジロジロ見るのは失礼な気もしたのでチラ見してみたりとか。

フリードリンクはあるのですが、ピリピリした空気とちょっぴりキツキツな空間のせいであまり自由に足を運べる雰囲気ではなかったです…

休憩所があると伺っていたのですが、現在は印刷機を置く空間となっていました。
和むなら喫煙ルームですかねー。タバコミュニケーションは取れそうな感じです。


他の作家さんとのコミュニケーションが取れる場でもあるのかな? と期待してた部分もあったので、
その辺りについてはあれ…? といった感想でした。
まあ時間帯も時間帯でしたし、1度行っただけでは分からないですね。

今回みたくギリギリでも製本がなんとかなっちゃう制作所。
みなさんも修羅場った際には、是非利用してみては――?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。